ゲーム化作業編12「さあ、次のゲームを作ろう!」 第66回ウォーターフェニックス的「ノベルゲーム」のつくりかた

第66回 ゲーム化作業編12「さあ、次のゲームを作ろう!」
執筆者:企画担当 ケイ茶


bro4

他の会社さんや、個人のクリエイターがどうやってノベルゲームを作っているのかはわかりません。
ここに書かれているのは、あくまで私達「ウォーターフェニックス」的ノベルゲームのつくりかたです。


ケイ茶です。
ゲームが完成して、ある程度落ち着いてきました。
そこで、終わりですか?

そろそろ、次の作品が作りたくなりませんか?
もしかしたら、水面下で次の企画が温まっているのではないでしょうか!
そうです、一つのゲームの終わりは、次のゲームへのはじまり。

継続は力なり!反省を生かして、次の企画、次のノベルゲームを作りましょう!

色々な感想やレビューを貰って、喜んだかもしれません。
もしかしたら、凹んだかもしれません。
それらの頂いた意見や感想は次の企画、作品への生かすべき点であり、活力でもあります。

もちろん、全部の意見や感想が参考になるわけではありません。
嫌な内容があったら忘れてしまう事も大切です。
また、次に生かせそうな内容を頂いたらそれを生かすことも大切です。

だからといって、全て貰った感想や意見を反映すれば良いという事でもありません。
作風や作者の持ち味まで変えてしまったら本来の力が発揮できるどころか、自分の作品ではなくなってしまいます。

反省すべき点は反省して、気にしない所は気にしない。
そして、生かせる所を生かして、次に進めば良いのです。

何にしても、感想が無くても、悪いことを言われても、一旦休んで。
そして、次の作品を作ってみませんか?

少しずつ成長してより面白いものが出来るかもしれません。
ちょっとずつでも成長するかもしれません。

でも、次を作らないとそこで終わりです!

一旦立ち止まっても、休んでも、気分転換しても良いんです。
そんな時間だって必要です。

そして、また次が作りたい。
作ろう!

そう思った時に、また戻ってきて作り続ける。
そうする事によって、きっと成長するはずです。

もちろん、商業だとそうはいきません。
ある一定期間ごとに利益を出さなきゃいけませんし、作品を作っていなければ仕事がありません!!

ずっと進み続けなければいけないのが商業、企業としてやっていく上での大変な所。
立ち止まったら倒産の未来しかありませんし・・・。

という話は置いておいて、ぐたぐだになりましたが「継続は力なり」これを信じて頑張っていくしかないですね~。
(と私も思ってます)

 

今回でゲーム化作業編に関しては終了です。
ありがとうございました。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です