今週の1キャラクター(12)「親切を恨む主人公」

logo_moku

毎週、作ったキャラクターを掲載していくコーナー。
もしコレだ!というキャラクターが出来た場合には、ここには掲載せず、実際のノベルに採用すると思います。
(ようするに余り者……)


今週のキャラクター

「親切を恨む主人公」(執筆者:企画担当 ケイ茶)
※前回の「倍返し太郎」にちょっと関連したキャラクターです。

名前:<親切を恨む主人公>

<キャラクターイラスト>

ドラマ上の欲求(脚本中で成し遂げたい事)

「自分の恨んだ相手を苦しめたい」

⇒それに対して、どのように行動するのか?

「倍返し太郎」の噂を聞き、何度も探し、何度も恨んだ相手に恨みを倍返ししていく。

口調

無口(喋っても単語でしか会話しない)

一人称

★キャラクターを一言で

「親切にされた事」に対して恨みを持つ人間

★萌え要素

自分がやっている事に気づいていない所?

★ギャップ

悪人のつもりが善人

★外見的特徴

普通の青年

★座右の銘

親切許すまじ

■基本プロフィール■

<1.性格>

ねちっこい、小心者

<2.職業>

工場勤務(なるべく他人と接しない工場を選択した)

<3.趣味>

なし

<4.健康>

健康

<5.家族>

現在は一人暮らし

<6.年齢・誕生日>

24歳

<誕生日>

4月23日

<7.血液型>

B型

<8.好きな食べ物>

リンゴ

<9.物語における成長>

「親切」は悪い事だと恨んでいる

「親切」は良い事だと気づく

■その他・設定

◆人種 種族 国籍

日本人

◆社会的地位 職業 信仰する宗教

サラリーマン

◆好きな物事、嫌いな物事、趣味 癖 ポリシー

他人から親切にされる事が嫌い

◆長所 短所

長所:人と接しなければ真面目

短所: 人と接する事が苦手で、親切にされる事を嫌う

 

 

 

◆知性 知識

知性:普通

知識: 普通

◆特技

◆武器 武術 魔法 その他の能力 

◆履歴 過去のトラウマ

普通の一家に生まれ、家族や友人にも恵まれた生活を送っていた子供時代。

しかし、ある時、父親が友人の借金の保証人になり「親切な人」だと感謝された。

それに対して、主人公も親切は良い事だと疑いもしなかった。

しかし、その友人が借金を返せなくなり夜逃げ、結局、借金を背負うことになり生活が苦しくなる、苦しむ姿をみても誰も助けてはくれない。

主人公はこの時から「親切」は敵であり、親切にした結果悪い事がやってくるのだと思い込むようになる。

そして、他人からの親切も受ける事はなくなり、他人から親切にされたら、恨みとして同じように親切にするか、親切を倍返しにするようになる(倍返し太郎にお願いする?)

◆弱点

・親切

◆一番恐れているもの

・親切にされる事

◆学校ではどんな友達がいたのか

昔は沢山の友達いたが、今はいない

◆何に興味を抱いていたのか

・恨みをはらすこと

◆学校での生活はどんな感じだったのか

楽しんでいた(途中まで)

◆運動はしていたのか?

していない

◆社会に対する関心、政治的関心

特になし

◆課外活動に興味を持っていたのか?

特になし

◆同級生との関係は?

良好だった

◆アルバイトは?

父親が借金を抱えてからは学校を休んでまでも、アルバイトをしていた

◆兄弟との関係は?

いない

◆嫉妬や敵意を抱くことがあったのか?

親切にしている人、親切な人に対して敵意を持っていた

◆教師との関係

良好だった

◆両親との関係

良好だったが、途中からはあまり話もしない

◆友人の数は多いか少ないか

多かった

◆いじめは?

なかった

◆夢や希望、野心

親切な人に恨みを晴らす

<プライベート>

◆一人のときは何をしているのか?

特に何もしていない

◆ペットを飼っているか?

飼っていない

 

■  生い立ち

 

■  ゲーム本編での最初の行動、スタート方法

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です