今週の1キャラクター(6)「皆のヒーロー」

logo_moku

毎週、作ったキャラクターを掲載していくコーナー。
もしコレだ!というキャラクターが出来た場合には、ここには掲載せず、実際のノベルに採用すると思います。
(ようするに余り者……)


今週のキャラクター

「皆のヒーロー」(執筆者:企画担当 ケイ茶)

名前:<皆のヒーロー>

<キャラクターイラスト>

ドラマ上の欲求(脚本中で成し遂げたい事)

「ヒーローとして再び活躍したい」

 

⇒それに対して、どのように行動するのか?

子供たちに積極的に名刺配り、PR

口調

私が来たからにはもう安心だ

一人称

★キャラクターを一言で

泥臭いヒーロー

★萌え要素

とにかく低姿勢で子供たちにアピールする姿

★ギャップ

見た目はぼろヒーロー(貧乏)だが、

子供たちの応援で大活躍する。

★外見的特徴

浮浪人

★座右の銘

他人のために頑張る

■基本プロフィール■

<1.性格>

正義感が強い、コツコツと頑張れる

<2.職業>

ヒーロー

(ヒーローショウのアルバイト兼任)

<3.趣味>

特撮

<4.健康>

健康体

<5.家族>

母星にいる

<6.年齢・誕生日>

地球人的には18歳

<誕生日>

 

<7.血液型>

X型

<8.好きな食べ物>

子供の笑顔(力の源)

<9.物語における成長>

没落ヒーロー、挫折。

(もう、ヒーローがいらないのかと寂しい)

ヒーロートシテ活躍

(皆のために再び立ち上がる)

■その他・設定

◆人種 種族 国籍

ヒーロー

◆社会的地位 職業 信仰する宗教

アルバイター(ヒーローショウ)

◆好きな物事、嫌いな物事、趣味 癖 ポリシー

人助けが好き

悪人が嫌い

 

 

◆長所 短所

長所:正義感が強く、何事にも真っ向から挑戦する心を持っている。

短所:曲がった事が嫌いなため、時には人と衝突したり、孤立する事もある。

 

◆知性 知識

知性:普通

知識: 特撮の知識や怪人について詳しい(が、この今の世界には怪人はいない)

◆特技

◆武器 武術 魔法 その他の能力 

・武術は一通り出来る

・魔法は使えない

・子供たちの応援をエネルギーとし、力が強まっていく。

 

◆履歴 過去のトラウマ

過去はこの地球と言う星でヒーロートとして大活躍をし怪人を滅ぼした。
しかし、それ以降は人間の犯罪があるものの、ヒーローではなく人間達で解決するようになり出番が無くなり、忘れ去られていった。

◆弱点

・忘れ去られてしまうと何もできない(弱い)

◆一番恐れているもの

・子供たちから完全に忘れられてしまう事

◆学校ではどんな友達がいたのか(※以下、母星にいたとき)

同じようにヒーロー候補生の友達がいた

◆何に興味を抱いていたのか

・皆のために行動し、悪を倒す事。

◆学校での生活はどんな感じだったのか

学級委員としてクラスをまとめていた

◆運動はしていたのか?

毎日がトレーニング

◆社会に対する関心、政治的関心

事件や事故、悪の組織については強い関心を持っていた

◆課外活動に興味を持っていたのか?

ボランティア活動に参加していた

◆同級生との関係は?

良好だが、時には正義か悪かで激しい喧嘩になる事もあった。

◆アルバイトは?

地球に来て、没落してから生活のためにやっている。

◆兄弟との関係は?

兄弟はいない

◆嫉妬や敵意を抱くことがあったのか?

悪に対しての敵意が強い

◆教師との関係

良好だった

◆両親との関係

良好だった

◆友人の数は多いか少ないか

多い

◆いじめは?

あったが、全て解決して来た

◆夢や希望、野心

全ての悪を滅ぼす

 

<プライベート>

◆一人のときは何をしているのか?

特撮ヒーローの真似(地球にきてから)

◆ペットを飼っているか?

飼っていない(本当は飼いたいが、アパートのため飼えない)

 

■  生い立ち

ヒーローが多く輩出される名門学校で学ぶ子供時代。

高校を卒業後、ヒーローに就職するが、近くの惑星は既にヒーローが溢れていた。

そのため、遠い星を求めて旅立ち、地球と言う星に到着(燃料が無くなり帰れない)

そこで、最初のうちは大活躍をするが怪人を全て滅ぼしてしまい、ヒーローとしての活躍ができなくなってしまった。

■  ゲーム本編での最初の行動、スタート方法

アルバイトをしながら普通に暮らすヒーローとしてスタート。

子供たちに名刺を配ったり、PRしてヒーローを思い出してもらおうと必死になっている。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です