企画編5「アイディアが出ない!そんな時はどうするのか」 第7回ウォーターフェニックス的「ノベルゲーム」のつくりかた

第7回 「アイディアが出ない!そんな時はどうするのか」
執筆者:企画担当 ケイ茶


ブログ用

他の会社さんや、個人のクリエイターがどうやってノベルゲームを作っているのかはわかりません。
ここに書かれているのは、あくまで私達「ウォーターフェニックス」的ノベルゲームのつくりかたです。

<企画編 一覧>
企画編1「ヤツ(アイディア)はどこからやってくる?」  

企画編2「恋愛+独裁国家=恋愛主義国家」

企画編3「誰にも真似できないアイディア発想法」

企画編4「アイディアを考える場所に潜む脅威」


ケイ茶です。  

今回は発想法を試しても、色々な場所で考えてもアイディアが全く出ない時。
もしくは、アイディアが出ても面白くないと思ったり、使えないアイディアばかりの時。
焦りと苛立ちの中。一体どうすれば良いのか。何か解決策があるのか。それを書いていきます。

◆アイディアが出ない時は出ない!と認めてしまう。

いきなり言いきってしまいますが、こんなものです。
1日10時間考えても何も思い浮かばない時は何も出てきません。
逆に30分散歩しただけで、数日分のアイディア(過去の自分のペースから考えて)が一気に出てくることもあります。

アイディアが出ないからと、私はよくイライラして、それでも無理やり考える事もあります。
家の中をぐるぐる回ったり、ネットで検索してみたり、散歩してみたり。
そして、こういう時に限ってやってしまうのが同じ創作している人との対立。

私の場合はシナリオ担当Rとの対立はアイディアが出ないときにしょっちゅうやってます。
喧嘩という程じゃないのですが、お互いに喧嘩口調で

ケイ茶「このアイディアどう?」
R「面白くない、却下!」
ケイ茶「これは?」R「それもダメ」
ケイ茶(このあたりからイライラしてきて)「・・・」「じゃあ、何なら良いのさ!」
R「それ自分で考えてよ!」(イライラの伝染)

という感じ。
下手するとこれが1週間とか続きます。

こうなってくると、お互いに全くメリットがありません。
イライラする事によってアイディアもさらに出なくなってきますし、別の人まで巻き込んでしまう。
私はこのあたり結構短気な方なので(アイディアが出ないとか、パソコン操作が上手くいかないとか)もっと大人にならないとなぁと常々思っています。

なので、自分にも言う意味を込めて。

◆アイディアが出なくて、イライラしている時こそ落ち着いて。
特に他人を巻き込まないように!

これが凄く大切な事だと思います。
完全に一人で制作するという場合なら自分がイライラするだけですみます。

ただし、基本的にはゲーム制作は何人か、もしくはもっと多くの人が関わってきます。
そこで企画担当者がイライラしていたら、それはメンバー全員に伝染してしまい、結果としてクオリティに影響してしまいます。

チームの揉め事が原因で制作中止になってしまう事もあるかもしれません。
アイディアが出ない⇒イライラ⇒他人への伝染。

この流れだけは阻止しないといけません。
幸いにしてウォーターフェニックスでは喧嘩口調は結構ありますが、すぐに仲直りしますし、Rの方が大人なので喧嘩はしてませんね(笑)

そう言っても、アイディア出したいし、イライラしている時はどうすれば良いの?
と皆さんも思うかもしれません。

私は、以下のような事を実践しています!

◆じゃあ、アイディアが出ないときはどうするのさ?

・寝る
⇒寝る事によって、人間の脳では記憶の整理が行われます。
 また、気分もスッキリするので、アイディアに詰まったら寝てしまうというのも一つの選択。

・自分の好きな事をやる
⇒いったん、アイディアを出さなきゃいけないという制約から離れてしまいましょう。
 何かに追われている時こそ、自分の好きな事をやって一度リラックス&リセットするのが大切だと思います。

・他人と会話する
⇒今こういうアイディアで考えているんだけど、どう思う? と創作仲間や、全く関係ない人に聞いてみる。
 自分では思い浮かばないアイディアや解決法をさらっと教えてもらえるかもしれません。
※ただし、イライラしているときに喧嘩口調は駄目ですよ!(私が言える立場じゃない)

個人的に効果が高いと思うのが、他人と会話する。
私の場合はRとの会話になるのですが、自分では思いつかなかった展開やアイディアをさらりと出してもらえるので、自分のアイディアとくっつけて活用しています。

ただし、私の場合は他人のアイディアを採用するのが凄く嫌い。
という頑固者なようですので、基本的には「それあんまり面白くないと思う」と否定的に話を聞いています。
だいたいRが10くらいアイディアを出したら9くらいはダメって言いますね・・・。

でも、意外と後で冷静に考えてみると、ダメって言ったアイディアが面白かったり、活用できることも多いのです。
そんな時は自分が思いつかなくて悔しいと思いながら採用します。
なんか、凄く上から目線で嫌な奴ですね・・・私。

ごめんなさい、結構自分のアイディア一番、自分のアイディア大好き人間のようです。
でも、自分のアイディアだけでは、今までの物語も結局は良いものにならなかったと断言できます。

なので、私が一応は企画担当者でアイディアを出していますが、Rの+のアイディアが入ってこそのウォーターフェニックスらしい企画なのです。

ちょっと、脱線してしまいましたが、まず詰まった時は友達でも、家族でも、信用できる人とアイディアを共有して話してみることをお勧めします!
その上で、ちょっと自分の好きな事をやってリラックスしたり、本当に駄目な時は最終手段として寝ちゃいましょう!

皆さんも、アイディアが浮かばない時こそ冷静に、そして耐えて下さい。
きっと、その先には良いアイディアが待っていると信じて!

さて、次回は「アイディアが出た!じゃあ、ググってみよう」
というお話。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です