企画編58「シリアスな作風でこのキャラは厳しかった!ボツ企画(SM主義国家)より」 第94回ウォーターフェニックス的「ノベルゲーム」のつくりかた

第94回 企画編58「シリアスな作風でこのキャラは厳しかった!ボツ企画(SM主義国家)より」
執筆者:企画担当 ケイ茶


ブログ用

他の会社さんや、個人のクリエイターがどうやってノベルゲームを作っているのかはわかりません。
ここに書かれているのは、あくまで私達「ウォーターフェニックス」的ノベルゲームのつくりかたです。

企画編一覧はコチラのページにまとめてあります。


ケイ茶です。
前回は作風に合うキャラ、合わないキャラという事について書きました。
今回は、シリアスな作風を予定して立てた企画「SM主義国家」
・・・確か、ドSとドMが隔離される世界?だったと思うのですが(しっかりと覚えていない)

キャラクター設定をし、ある程度の設定をシナリオ担当に話したら一瞬でボツにされました。
斬新ではない上に、主人公がドMでシリアスになるの?というような反応だったような気がします。

確かに、シリアスと主人公のドM設定は一つの作風としては厳しいか・・・。そして、確かに斬新な設定ではないというのにも納得。
今回は、ボツにされた主人公設定をさらりと公開しておきます。

 

名前:ドM主人公

<キャラクターイラスト>

ドラマ上の欲求(脚本中で成し遂げたい事)

 

 

 

 

 

■基本プロフィール■

<1.性格>

苛められるのが好き、痛みが好き、苦痛が好き。ドM

<2.職業>

「普通」系統高校の高校生

<3.趣味>

苛められること、苦痛を感じること全般。

<4.健康>

不健康を目指す現時点では健康体

<5.家族>

父(S)母(S)との3人家族

<6.年齢・誕生日>

18歳 誕生日は12月31日

<7.血液型>

O型

<8.好きな食べ物>

刺激が強い物(激辛、激甘、炭酸)

<9.物語における成長>

MとSの気持ち両方がわかるようになる。

■その他・設定

◆人種 種族 国籍

日本人

◆社会的地位 職業 信仰する宗教

高校生

◆好きな物事、嫌いな物事、趣味 癖 ポリシー

癖:人を怒らせる事(罵って欲しい、叩いて欲しいという願望から)

◆長所 短所

長所:痛みや罵りをものともしない強い精神力

短所:普通のSやMの人間が相手に出来ないほどの変人・変態

◆知性 知識

知性:ほとんど持っていない

知識:高校生レベル

◆特技

 

 

◆武器 武術 魔法 その他の能力 

 

 

◆履歴 過去のトラウマ

幼少期からSの家系に生まれたが判定が「普通」だったことにより、両親から苛められ

毎日のように暴力を振るわれていた。

毎日の暴力に嫌気がさし、毎日が苦痛だった。それがある日、全ての痛みや苦しみが幸福だと感じるようになった。

 

◆弱点

 

◆一番恐れているもの

誰からも相手にされない事(苛められないと言う事)

 

◆学校ではどんな友達がいたのか

<小学校>

普通系の学校だったが、根暗な正確だったこともあり苛められ、毎日苦しい日々を

送っていた。

<中学校・高校>

中学校のときにはドMとしての資質が徐々に表れ、クラスメイトから苛められることが

内心嬉しくなっていった。

友達と呼べる人はいないが、皆が苛めて、叩いてくれて構ってくれて充実した日々を送る。

 

しかし、高校に入ったころには周りから気味悪がられ、誰も相手をしてくれなくなる。

 

◆何に興味を抱いていたのか

痛い事、苦しい事。

◆学校での生活はどんな感じだったのか

誰これ構わず苛めて欲しいとアピールする日々

◆運動はしていたのか?

運動はしていないが、自ら進んで柔道・剣道のやられやく、野球のボールやサッカーボールに当たりに出向き、運動に親しんでいた。

◆社会に対する関心、政治的関心

全ての人がSになって自分の事を苛めてくれればよいと関心を持っている。

◆課外活動に興味を持っていたのか?

自分に苦痛を与えてくれる活動には積極的に参加した。(スパルタ補修や誰もやりたがらないような苦しいボランティア活動など)

◆同級生との関係は?

友達にはなれなかったし、相手をしてくれないため徐々に友達を欲しいと思わなくなった。

◆アルバイトは?

何度かしたが、尋常ではないほどの失敗続き(わざと失敗)、お客様を怒らせることが多々ありクビになる。

◆兄弟との関係は?

いない

◆嫉妬や敵意を抱くことがあったのか?

誰かが怒られていたり、苦しんでいたり、悲しんでいた時にはそれを代わりたいと嫉妬し

妬んでいた。

◆教師との関係

教師の言うことをきかないため、問題児として扱われ教師にすら無視されるようになっていた。

◆両親との関係

両親は苛めてくれるためとても大好きで、良好な関係が続いている。

◆友人の数は多いか少ないか

いない

◆いじめは?

あった(過去形)途中からは苛めてくれなくなった。

◆夢や希望、野心

自分を満足させてくれるドSの人に苛められること。

◆  <プライベート>

◆一人のときは何をしているのか?

自分自身の体を網で縛って身動きができないようにしたり、自分の体を針で刺したりしていたが、自分で自分を傷つけることより他人にかまって傷つけられたい方なので、あまり満足はできなかった。

◆ペットを飼っているか?

ヘビやライオンを飼おうと両親に提案するものの、両親が許してくれなかった。

 

 

 

■  生い立ち

 

■  ゲーム本編での最初の行動、スタート方法

真冬に、風邪をひこうと考え、裸で街中を走りまわり、途中で望み通り倒れて病院送りになる。(※これまでは健康であることもあり、病院に行くことはなかったが、今回は今までに蓄積した不健康な行動により、体力もなくなり、体に負担がかかった)

そして、目覚めたときには囚われていた。

 

 ・・・なんか今見なおしたらボツになって当然な気がしてきました。
この設定、使いたい方はどうぞお使い下さい。

とはいえ、そこまで特徴的なキャラでもないですし、使ってくれる人がいるとも思えないのですが・・・。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です