物語の「キャラクターの魅力アップ術」~キャラクターの魅力をアップさせる為のワンポイント~

物語の「キャラクターの魅力アップ術」~キャラクターの魅力をアップさせる為のワンポイント~

物語において、キャラクターとはとても大切な存在。
良いキャラクターからは良い物語が出来ますし、良い構成に良いキャラクターが乗っかれば更に面白いものになるはずです。
さて、貴方の物語のキャラクターはどのような魅力があるでしょうか?

ギャップであったり、性格や生い立ちなど……様々な要素でキャラクターの魅力が生まれてきます。
今回は、そんな魅力がある貴方のキャラクターの魅力を更にアップさせる為の方法を紹介します!
(魅力的なキャラクターを一から作るのではなく、更に魅力的にするためのワンポイントとなります)

今回紹介する方法で良いものがあれば、活用して頂き、貴方のキャラクターの魅力を更に高めてくださいね!

目次

  1. 楽しそうな姿(熱中している事モノ)を描く
  2. キャラの弱い部分を一突きせよ
  3. 誰かのために何かをしている姿を見せる
  4. ビジュアル面を強化せよ
  5. キャラクターにボイスをつけると言う事
  6. まとめ~ちょっとした工夫でキャラの魅力は更に高まる!~

 

楽しそうな姿(熱中している事モノ)を描く

多くの人は、自分の好きな人が何かを楽しんでいる姿、面白そうにしている姿、一つの事に一生懸命に取り組んでいる姿。
これらに魅力を感じるのではないでしょうか?

そうです、物語のキャラクターだって同じです!
そのキャラクターは普段、何を楽しんでいるんだろう? 何に夢中で一生懸命に取り組んでいるんだろう?
そこを考えると良いですし、実際に読者もキャラクターのそんな姿を見て、より好きになる事も多いでしょう。

なので、第一の魅力アップとして、キャラクターの楽しそうな姿を描く。
これをお伝えします。

キャラの弱い部分を一突きせよ

次に、キャラクターの魅力をアップさせる方法。
これは、そのキャラクターの弱い部分を攻める、弱い部分に対して一突きしてキャラクターを追いこむ事です。

とても酷い事のように思えますよね?
でも、この酷い事をキャラクターに与え、その酷い事をキャラクター自身(もしくは、そのキャラクターと周囲の協力)で乗り越えさせる事。
これが出来れば、キャラクターの魅力は更に高まるはずです。

ポイントとして、まずはキャラクターが苦手な事を設定する(ようするに弱点)
そして、その弱点を一番酷い形で刺激する(攻める)ための、出来事を物語中で発生させる。
最後に、その出来事をキャラクターに乗り越えさせる(多くの苦しみ、痛みの上で、それらを乗り越え、そのキャラクターは弱点を克服し、成長する)

これを描く事が出来れば、キャラクターの魅力は一気に向上します。
気をつけないといけない点として……
あくまで弱点を克服するのはそのキャラクター本人⇒周囲のキャラクターは手助けは出来ても、克服するのは本人である方が望ましい。
乗り越えるべき苦しみや痛みが強い方が良い⇒簡単に乗り越えられるような弱点ではアッサリしすぎてしまう。
※例えば、子供の時からのトラウマが、たった一言で解決してしまうとか(大きな理由があれば別ですが)

誰かのために何かをしている姿を見せる

最初に書いた、自分の好きな事や楽しそうな姿を描く。
これに近いのですが、これが自分ではなく他人に向いた場合もキャラクターの魅力はアップします!

誰か……これを具体的に言うならば、主人公や友達や家族が身近でしょうか。
主人公がピンチ⇒そんな時に、主人公の事を助ける為に、一生懸命何かをしてくれるキャラクター(例えばヒロイン)

例えば、主人公が精神的なショックから、精神異常になってしまいまともな生活が出来なくなったとします。
そんな時に、家族にすら見捨てられた主人公の為に、ヒロインが毎日、主人公の家まで通って、生活の世話をしてくれる。
主人公がヒロインの事を認識しなかったり、時には酷い事をしても、それも気にしない様子で毎日、毎日、主人公が元通りになるまで頑張る。
そして、主人公はそんなヒロインのお陰で、元通りになり、その時にやっとヒロインが今までやってくれた事を理解し、大切さを実感する⇒エンド。

みたいな感じでしょうか。
よくある展開だとは思いますが、このように主人公がピンチ!
そんな時に、主人公の為に(ようするに他人の為に)自分を犠牲にしたり、自分の時間を削ってでも一生懸命に何かをしてくれる。
そんな姿を描写する事で、キャラクターの魅力はよりアップすると思いませんか?

そうそう、あえて最初にお伝えした「自分の好きな事に一生懸命」と「他人の為に頑張る」これを天秤にかける展開。
これがあると、よりキャラクターの魅力を高めた上に、展開としても盛り上がりますよ!

例えば……
ヒロインは自分の将来の夢の為に、毎日一生懸命勉強をしていた。
そして、試験日の当日ーーいよいよ、自分の今後の人生を決まる大切な試験。

そこに、緊急の連絡。
主人公が事故に合ってしまい、病院に緊急搬送。
主人公本人は苦しい中でも、ヒロインの試験の成功を祈り、絶対にこの事(自分の事故)を知らせるなと言っていた。
でも、主人公は生死の境目。
その姿を見て、主人公の事故と、ヒロインの事を知っている親友が電話をかけたーー。

さて、ヒロインはこの電話を受けて、主人公の言うように試験を受けるのか?
それとも、試験は諦めて(自分の今まで目指してきた夢を諦めて)主人公の言う事も守らずに、主人公の所へ行くのか。
(ノベルゲームの選択肢ポイントですね!)

ここで、ヒロインが後者の「主人公の所へ行く」を選択するわけです。
「自分の為に頑張ってきた」事を捨てて、他人の為「主人公の為に頑張って病院まで走る」という道を選ぶわけです。

このように、天秤にかけた上で、他人の為に頑張る姿。
そう繋げると、より魅力が高まると思いませんか?

具体例に関しては、王道かもしれませんが、このような展開を通して、キャラクターの「他人の為に頑張る姿」を見せる展開を入れるのも良いと思いますよ。

そうそう、余談ですが……。
恋愛ゲームではキャラクター別のルートってありますよね?

そこで、基本的にはキャラAルートに入ると、他のキャラはあまり目立たなくなります。
でも、あえてAルートなのに、例えばキャラBやキャラCなどの他のキャラクターが、キャラAの困っている時に、一生懸命に助けようとしてくれる。
こうする事で、そのキャラクターのルートでは無いのに、他のキャラクターの魅力をアップさせる、という方法もアリだと思います!

ビジュアル面を強化せよ

ここまではキャラクターの魅力をシナリオや構成において、アップさせる方法でした。
ここからは、キャラクターの外側を強化する事で、魅力アップを考えてみます。

まずは、キャラクターのビジュアル面の強化。
見た目はやはり大切です。

そのキャラクターの可愛さやかっこ良さ、内面がわかるような見た目かどうか。
それをノベルゲームであれば立ち絵として表現出来ているかどうか。

他にも、立ち絵を使ったパターンでもキャラクターの魅力をアップさせる事が可能です。
キャラクターによってはよく動くキャラクターは立ち絵パターンを多くするとか、大人しいキャラクターはあえてパターンを減らすとか。
それだけでも、キャラクターの良い部分を高める事が出来ますので、魅力アップに繋がります!

キャラクターにボイスをつけると言う事

次に、キャラクターボイスについて。
ビジュアルも大切ですが、キャラクターのボイスも大切です。

とはいえ、キャラクターに絶対にボイスは必要だ!
という事ではありません。
特に、小規模制作や予算を掛けられない場合などは、シナリオテキスト量にもよりますが、ボイス代金って結構大きいと思うんです。

しかし、お金を掛ければ良い、有名な声優さんにお願いすれば良い、というわけでもないと個人的には思っています。
キャラクターの魅力を高める為にボイスをつけるのであれば「そのキャラクターに合っているボイスかどうか」これが一番重要です!

ボイスとキャラクターが合っていれば魅力はかなり高まります。
が、逆にボイスとキャラクタ-が合っていない場合は……下手をすると魅力がダウンしてしまう可能性すらあると思うのです。
(場合によっては、無理やりボイスをつけるのでは無くて、ボイス無しの方が良かったのでは? という事も有り得ます)

あくまで上記は個人的な考えではありますが、キャラクターのボイス。
声優さんにお願いする事で、キャラクターの魅力は一気に高まる事もあります。
が、誰でも良いからお願いします! というような感じで、ボイスをお願いして、キャラクターと声がチグハグになってしまう。
これではキャラクター本来の魅力がダウンする事にもなりかねません。

まとめ~ちょっとした工夫でキャラの魅力は更に高まる!~

どうだったでしょうか?
貴方のキャラクターの魅力アップに少しでも参考になったと思ってもらえたら、それだけでも嬉しいです。

簡単にまとめると……言いたい事は以下の通りです。

キャラクターの魅力アップのためには……
「そのキャラクター自身が、楽しんでいる姿」「落ち込んでいる姿⇒乗り越える」「他人の為に頑張っている姿」
これらを上手く描く事が出来れば良いのです。
あとは、ビジュアル面やボイス等によって更に魅力をアップさせる事が可能です。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です