登場キャラクター数が多い程「作品」はヒット作になる確率が上がる

登場キャラクター数が多い程「作品」はヒット作になる確率が上がる

貴方の物語には、何人の主要メンバーが登場しますか?
1人、3人?それとも10人以上ですか。
もしくは、今現在、何人の主要メンバーを登場させようかと悩んではいませんか?

今回の記事は、登場キャラクター数が多い程「ヒット作」になる確率が上がる、という事について、です。
なぜキャラクター数が多ければヒット作になる確率が上がるのか、逆に少ない場合は不利なのか?等の疑問にお答えします。

私の考えもだいぶ入っていますが、物語のキャラクター数に悩んだ時に一つの参考として、貴方のお役にたてる内容であればと思い、まとめてみました。

目次

  1. キャラクター数が多い=誰かが「このキャラ好き!」になる確率が上がる。
  2. 逆に、キャラクター数が少ない=「このキャラ嫌い」⇒さようなら。
  3. でも、キャラクター数が増えれば増える程、作品作りの難易度が上がります。
  4. まとめ⇒少なすぎない、多すぎない「自分が管理できるキャラ数」を考えましょう。

 

キャラクター数が多い=誰かが「このキャラ好き!」になる確率が上がる。

いきなりですが、貴方に質問をします!

Q;Aという空間には3人の人間がいます。
   Bという空間には100人の人間がいます。貴方はAかBどちらかの空間に行き、一生付き合える親友を1人見つけなければいけません。

さて、貴方はAとBどちらの空間に行きますか?

⇒あえてAを選ぶ!という人もいるかもしれません……(沢山の人怖いとか、恥ずかしいから、より小さな集団が好きという人等)
が、多くの人はBを選ぶのではないでしょうか?

ようするに、キャラクターが多ければ多い程良いという理由はそれなのです。

3人の中から親友を探すより、100人の中から親友を探す方が確率が高いですよね?
3人しかいなければ、真面目な人と、真面目な人と、変人かもしれません。

しかし、100人の中には変人もいるでしょうし、面白い人もいる、真面目な人もいる、危険な人もいる、かもしれません。
ようするに、自分の性格に合う人がいる確率が高まるのです!
(ここで、実は100人の収容された空間Bは犯罪者の集まりでした~!なんてオチがあったら面白そうですが……今回はナシで)

物語もこれと同じ。
100人のキャラクターがいれば、その内誰かしら貴方が好きだというキャラクターが存在している可能性が高いのです。
そして、物語そのものがよほど面白くない場合を除き、自分の好きなキャラクターがいれば、その作品を継続して楽しめるものです。
あの子が好き! だからこの作品を応援したい、あの子の活躍をみたい!という考えですね。

逆に、キャラクター数が少ない=「このキャラ嫌い」⇒さようなら。

と言う事は、キャラクターが少ないってどういう事だと思いますか?

もう、タイトルで答えを出していますが……。
1人しか登場キャラクターがいなかったとします。
その場合、その1人のキャラクターが嫌い!もしくは、自分には合わない。

そう思われた瞬間に「さようなら」⇒もう続きは気にならない。
と、なりやすいはずです。

もちろん、キャラクターが嫌いでも物語の展開や見せ方でカバーできる部分は多少はあるでしょう。
しかし、例えば主人公とヒロインがいて、主人公に感情移入ができない。
しかも、ヒロインも別に自分の好みではない!

この場合は、だいたいは離れてしまうんじゃないかな……と思うのです。
だから、キャラクター数が少ないってことは、少ないだけリスクが高い。
(嫌われる可能性、特定の人にしか合わない可能性、が高いという事ですね)

もしも、キャラクター数が少ない物語を作るのであれば一つコツがあります。

それは「応援したくなるキャラクター」や「共感しやすいキャラクター」「無難なキャラクター」にする事です。

例えば、主人公は普通の少年や青年にする。
そして、ヒロインは可愛くする、この子を応援したい、助けてあげたい!そう思われるような性格にするのです。

もしも、これを主人公を「非常識で冷徹な犯罪者」
ヒロインを「百年以上生き、人間の生き血を飲む半妖怪」みたいなのにしたらどうでしょうか?

私は好き!俺はその設定いける!
という私みたいな人には受けるかもしれません。
しかし、これは相当リスクが高いと思いませんか?

100人の中の2人が上記のようなキャラクターだったら、まだ良いのです。
しかし、2人中2人が上記のようなキャラクターだと人を選びすぎます。

なので、キャラクターを少なくする場合は「共感しやすい、応援しやすいキャラクター」にするか、応援するだけの「理由」を持てる設定にしましょう。
もしくは、完全に割り切って「特定の人に受ければそれでイイよ!」という思いで作りましょう。

でも、キャラクター数が増えれば増える程、作品作りの難易度が上がります。

それなら、キャラクター数をひたすら増やそう!

主要メンバーは50人くらいで、それでいて途中の章で10人追加、更にその後も30人投入。
その後のクライマックスでまた20人くらいキャラクターを出しちゃおう。
……はい、極論で書いてしまいましたが、キャラクターが多ければ多い程、良いというわけでもないのです。

上記のような物語ってありませんよね?
まず主要メンバー50人……、更にその後も数十人が続々と追加される……。

さて、なぜキャラクターが多ければ多い程、良いと言うわけではないのか。
それは以下のような理由があります。

(1)消滅、空気キャラの存在

主要キャラクター50人はやり過ぎですが、例えば20人いたとします。
その主要なキャラクター20人を貴方は最後まで描ききる事が出来ますか?

具体的に言うと、常に会話に参加して、物事に関わってきて、活躍させる事が出来ますか?
途中で描けなくなって、脱落(作中で殺す、別れさせる、なぜか消滅する)させたり、その場にはいるけれど会話に参加しない、喋らない(空気キャラ)キャラになってしまいませんか?

このように、キャラクター数を増やせば増やすほど、作者が動かせなくなって、消滅したり、空気になってしまうキャラクターが生まれる確率が高まります。

(2)キャラクター被り

主要なキャラが20人もいると、性格や設定が被るキャラクターが出てきます。
20人全員が主人公のような「真面目、熱血、正義感が強い」キャラだったとします。
よほど上手く描き分けしないと、読者からしたら「誰が誰だかわからない」って事になります。

また、サブキャラにしても「このキャラ何のキャラだっけ? 誰だっけ?」と忘れ去られる確率もあがります。

(3)物語の結合性

下手をすると、作者が扱いきれなくなって物語の結合性が取れなくなります。
矛盾が生じてくる可能性があります。

例えば、あのキャラとあのキャラの関係性がこれなのに、なんでお互いに知り合いじゃないの?とか、
AとBはCを嫌っているはずなのに、BとZ(ZはCと仲良し)が親友。
それでいて、BはZがCと仲良くしている事を知らなかったり。

……ちょっと例えが上手くないですね^^;
ですが、キャラクターを増やせば増やすほど、この辺りの人物関係の調整が厄介になる確率が上がります。
そして、それが巡り巡って物語の結合性を崩壊させる可能性、矛盾が出てくる可能性もあります。

(4)時間的、資金的な負担

例えば、ノベルゲームと仮定しても沢山の負担が増えます。
スクリプトの手間、声優さんの人数、イラスト発注数などが増えます。
という事は必然的に、それらに掛かる時間も多くなり=資金的な負担も増えるのです。

まとめ⇒少なすぎない、多すぎない「自分が管理できるキャラ数」を考えましょう。

私が言いたいのはコレです。
別に絶対に何人にしましょう!とか、多く出すのは無理。なんて言いません。

「貴方が管理できるキャラクター数」これを超えない範囲で、物語の内容や規模に応じて考えれば良いのですから。
もし、私は100人出しても100人を動かせるし管理できる。
そう自信があれば、100人出しても良いのです。

逆に沢山のキャラクターを管理できなければ~5,6人くらいの主要メンバー+サブキャラクターくらいにしておきましょう。

ちなみに、もし沢山のキャラクターの管理は出来ないけれど、多くのキャラクターを出したい場合。
(1)主要なキャラクターを決めます。
~10人以内くらいをお勧めします。

(2)章ごと、~編や場所ごとにサブキャラクターを出します。
例えば各章に5人新規サブキャラを追加、もしくは新たな街で10人と出会う等。
(3)その章や、~編、場所を立ち去る時にはサブキャラとも別れます。
言い方は悪いですが、いわゆる「使い捨てキャラ」「その場限りのサブキャラ」となります。
⇒使い捨て、その場限りと見せかけて、最終章やクライマックスで、サブキャラが主要メンバーを助けにかけつける!
というような展開にすると燃えます(個人的に)

このような方法は長期連載漫画や、長期作品で良くつかわれている方法になります。
そう言えば、キャラクター数が一番多い作品は「アンパンマン」ですよね。

「アンパンマン」もキャラクター数は多いですが、普段出てくる主要メンバーは決まっています。
その時の話毎、場所ごとに新キャラクターが出てきて、その話が終わったら次の話では出てきませんよね。

あとは「ドラえもん」にしても、映画毎に新規キャラは出ますが、そのキャラクターは基本的には次には出てきません。
(個人的には、あの映画のあの子は、今何をしているのかな? また出てて来てほしいなとか、思う事もあるのですが)

何にしても、主要なキャラクター数は固定し、その上でサブキャラを上手く活用する。
これがキャラクターを沢山、出した上で上手く管理する方法かな?と思います。

キャラクターは出せば出すほど賑やかで、沢山の人に気に入っててもらえる可能性があります。
その分、作者としての負担が増えるので、自分の扱える範囲を考えて運用しましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です