短編ノベル「友達監禁学校」2~今回は起承転結の「承」の部分です~

短編ノベル「友達監禁学校」2

tomo2

このブログで「物語やノベルゲームの作り方」が書かれているけれど、本当に簡単に作ることができるの?
そう思っていませんか?

本日掲載するミニノベルはかなり簡単に作られています。
だって、普段企画しかやらない私(ケイ茶)が企画からプロット、シナリオ、スクリプトまで一人で8日くらいで作ることが出来たんですから。
(※一部、プロット、シナリオに対してシナリオ担当Rによるアドバイスを受けています)

※今回のノベルは前回の続きとなっています⇒前回の内容はコチラ

目次

  1. 短編ノベル「友達監禁学校」2(ゲーム本編)
  2. 今回の部分のプロット
  3. 今回のまとめ

1.短編ノベル「友達監禁学校」2

2.今回の部分のプロット

今回は物語全体の「起承転結」の「承」の部分になっています。
前回に承の部分に入りましたが、まだ今回も物語全体の承が継続しています。
このように、物語全体における承の部分は大きい(長い)事がわかってもらえるかと思います。

そして、今回の「承」の中にも一つのエピソードと、その「起承転結」が入っているんです。
その起承転結は以下の通りです↓

◆起
・主人公とヒロインが友達作りのための練習をする。
◆承

・校舎に新たな生徒(友達候補)が入ってくる。
・練習した通りに実践するヒロイン⇒友達になる。

◆転
・突然の喧嘩
◆結
・せっかく出来た友達を失ってしまう

今回のエピソードは、友達作りのための練習をして、途中までは上手くいく。
だけど、突然の喧嘩によって、結局は友達を失ってしまう。
これを描くために挿入してあります。

実は今回のエピソードは次に繋がる大切なものだと考えています。
このように、承の部分では「入れるべき」「必要な」エピソードを挿入するために活用すると良いと思うのです!
今回のエピソードがどのように意味があるのか、この続きはまた来週に掲載します。

 

3.今回のまとめ

・今回プレイして頂いた部分は物語全体の起承転結のうち「承」の一部。
・物語全体の中で「承」の占める割合が一番大きい。
・「承」の中にも小さな「起承転結」が入っている。
・今回描きたかったのは友達作りの練習をして、一度失敗するという流れ。
・今回のエピソードは次回以降に繋がるために必要な部分。

という感じです。
次週もこの続きを掲載し、同じようにプロットの掲載&説明を行いますので、興味がある方はご覧ください。

また、もしこの作品に関する感想がありましたらコメント等で頂けると嬉しいです。
(シナリオは未熟なのを承知でやっていますが、企画&プロットに関しては限られた時間内で作れる範囲で考えてやっていますので)


ブログ用01

他の会社さんや、個人のクリエイターがどうやってノベルゲームを作っているのかはわかりません。
ここに書かれているのは、あくまで私達「ウォーターフェニックス」的ノベルゲームのつくりかたです。

第160回 実践編2「友達監禁学校2」
執筆者:企画担当 ケイ茶

Follow me!

短編ノベル「友達監禁学校」2~今回は起承転結の「承」の部分です~” に対して 3 件のコメントがあります

  1. 名無し より:

    友達監禁学校2の絵が、綺麗ですね。今までの作品の中でも、なんか絵に良い雰囲気がありますね。
    こんな感じの絵で、ホラー系のノベルなら、かなり売れそうな気がしますが・・・・。
    夏に向けて、短編でも良いので、コミケあたりで売ってみてはいかがでしょうか??

    1. water phoenix より:

      コメント&感想ありがとうございます!
      ケイ茶です。

      絵の雰囲気が良いとありがとうございます。
      メインで作っているソフト開発に時間が掛かってしまうので、なかなか同人活動、コミケ参加するまでの余裕がないのですが、嬉しいです。
      ただ、時間に余裕が出来たらホラー系や同人活動としてコミケ参加もしたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です