日曜定期更新(05/05/2019) 結婚主義国家 年表など

日曜日に書く事があっても無くても「とりあえず定期更新」するコーナー。 企画担当のどうでもいい事だったり、時として新作タイトルの事についてだったり、更新して、生存報告する事が第一目的です。

ケイ茶です!
今回は結婚主義国家の年表や、様々なメモなどを公開します。
※開発時のメモを引っ張り出してきただけでしっかり確認はできていないため、実際のものとは違っている可能性もあります。

※「結婚主義国家」のネタバレが含まれています。
そのため、本編をすべてプレイしたうえでの閲覧を推奨いたします。

テーマ

◆全体「誰からも愛されない事は、いけない事なのか」
単独結婚「一人が好きではいけないのか」
独身監獄「結婚できないのはいけない事なのか」
年齢制限「祝福されない恋はどうすればいいのか」
脅迫恋愛「浮気性はどうなのか」
恋人死亡「自分の本心を隠した恋愛はいけないのか」
儀式失敗「1人との恋しか知らないのはいけないのか」
婚前監禁「祝福されない恋はどうすればいいのか」
本名偽装「誰でもいい、はいけないのか」
愛情試験「愛とはなにか」

キャラクター配分

■主人公
昴  俺  熱血主人公系 一人っ子
「俺はどうすれば生き延びられるんだ!?」

信治  僕  嘘つき年上系  一人っ子
「ヒナを傷つけずに死なないと」

聖也  ボク 明るいアホ系 一人っ子
「ヤバイよボク!このままじゃ死んじゃうよ!」

健一郎 俺 陰鬱毒舌系 兄(妹あり)
「早く死にたい……」

明斗 オレ クール系   兄(弟あり)
「このまま結婚するなら好きにしてくれ」

直樹 僕  ビクビク系 一人っ子
「僕たち結婚できるの!?」

明 俺  苦労真面目系  弟(兄あり)
「どうせ、俺が誰だっていいんだろ」

中の人 私 一匹狼系 一人っ子
「私に、できる事などあるのだろうか」

■ヒロイン
桔梗  私  お姉さん系 一人っ子
「偽りの結婚をするぐらいなら、私は死ぬ」

雛菊   私 年下ツン系 姉(弟あり)
「私は、自分で鐘を鳴らすわ」

椿  私  クール系  妹(兄あり)
「私がフったら、貴方死んじゃいますよ?」

茜 私 元気苦労人系 妹(姉あり)
「わたしは、君に死んでほしくないよ」

小百合  私  ヤンデレ系 一人っ子
「明斗くんは、私のもの」

すみれ  わたし のほほん系 姉(妹あり)
「鐘が鳴らなくて大変だねぇ」

ガーベラ 我 不思議系 一人っ子
「我は誰でもない。お前は誰でも良いと望んだだろう。だから我はここにいる」

桜   名前   明るい真面目な娘系
「私はお父さんに決めて欲しい」
「彼氏ができなかった私は……生きていたらいけないの?」

各物語をシンプルに

■ 全体 結婚しないと死んでしまう世界で、結婚式を控えた人間たちがどうするのか、という話。

■ 単独結婚 結婚しないと死んでしまう世界で、独身生活をしたい男の話
→生き延びるために仕方なく結婚生活を選ぶ
「適当な誰かを選んで結婚すればいいじゃないか」
「自分も『誰か』になるけど、それでいいんですか?」

■独身監獄 結婚しないと死んでしまう世界の監獄に入れられて、なんとか脱出しようとする男の話
→脱出に失敗はするが演説はして死ぬ
「適当な誰かを選んで結婚すればいいのか?」
「違う。適当な誰かでは嫌なんだ」

■ 年齢制限 結婚しないと死んでしまう世界で、結婚できないことが初めからわかっていたカップルの話
→お互いを思った結果、別れて生きる
「適当な誰かを選んで結婚すればいいのか?」
「違う。君じゃないと嫌なんだ」(後に)

■ 脅迫恋愛 結婚しないと死んでしまう世界で、結婚を盾に脅迫される男の話
→なんとかご機嫌をとり、脅迫相手と結婚する
「適当な誰かを選んで結婚すればいいのか?」
「違う。君じゃないと嫌なんだ」

■ 恋人死亡 結婚しないと死んでしまう世界で、結婚するべき相手が死んでしまった男の話
→新たな結婚相手を見つけて、生きる道を選ぶ
「適当な誰かを選んで結婚すればいいのか?」
「違う。君じゃないと嫌なんだ。と、言えるようになりたい」

■ 儀式失敗 結婚しないと死んでしまう世界で、結婚できない可能性を突きつけられたカップルの話
→死の不安を抱えてでも、相手との結婚を望む
「適当な誰かを選んで結婚すればいいのか?」
「違う。君じゃないと嫌なんだ」

■ 婚前監禁 結婚しないと死んでしまう世界で、
好きでもない相手にまとわりつかれ、諦めた男の話
→相手の気持ちを知り、活動する
「適当な誰かを選んで結婚すればよかったじゃないか」
「違う。貴方でなければ嫌だったの」

■ 本名偽装 結婚しないと死んでしまう世界で、結婚相手を探す男の話
→無事に結婚相手を見つける
「適当な誰かを選んで結婚すればいいのか?」
「違う。君じゃないと嫌なんだ。と、言えるようにしていくんだ」

■ 愛情試験 結婚しないと死んでしまう世界で、結婚しない娘をもった男の話
→娘が悪いんじゃない。国が悪いんだという結論に至る。
「適当な誰かを選んで結婚すればいいの? そんな娘でいいですか?」
「私は、この人だという人を見つけられませんでした。こんな娘をどうしますか?」

動機/目的/かせ

物語全体のかせ:結婚しなければ殺される

■ 独身監獄 
動機:死にたくない
目的:脱出したい
かせ:タイムリミット1週間/結婚に興味がない桔梗

■ 単独結婚
動機:独身生活を謳歌したいと思ったから
目的:沙羅と結婚したい
カセ:沙羅の兄が邪魔に入る/思惑がバレてはいけない

■ 年齢制限
動機:ヒナを精神・肉体的に苦しめたくない
目的:誰とも結婚せず死ぬ
かせ:年齢差/タイムリミット1日

■ 脅迫恋愛
動機:死にたくない
目的:椿に結婚してもらう
かせ:結婚条件の「告白の言葉」がわからない/タイムリミット1ヶ月

■ 恋人死亡
動機:死にたい
目的:邪魔な茜を追い払う
かせ:本当は死にたくないという自分の想い/死を望む周囲

■ 儀式失敗
動機:すみれと結婚したい
目的:鐘の音を鳴らしたい
かせ:鐘の音を鳴らす方法がわからない

■ 婚前監禁
動機:結婚から逃げたい
目的:1年以内に部屋からの脱出
かせ:部屋に閉じ込められている

■ 本名偽装
動機:死にたくない
目的:結婚相手を探す
かせ:結婚に丁度良い相手が見つからない/タイムリミットが迫る

■ 愛情試験
動機:桜を死なせたくない
目的:誰かと桜に結婚させたい
かせ:下手な事をすると社会的地位などすべてが崩れるかもしれない/桜は結婚しないと主張

協力者と敵対者

◆単独結婚「沙羅を利用したい」
敵対:洋一「沙羅を利用されたくない」
協力:沙羅

◆独身監獄「逃げるため結婚してくれ」 
敵対:桔梗「そんな結婚はしない」
協力:看守

◆脅迫恋愛「誰でもいいから結婚したい」
敵対:椿 「私だけを見て結婚してください」
協力:叔父

◆年齢制限「結婚せず死ぬよ」
敵対:雛菊「結婚して生き延びて」
協力:茜

◆儀式失敗「鐘の音が鳴らないから諦めよう」
敵対:雛菊「鐘の音が鳴らなくても抗いなさい」
協力:すみれ

◆恋人死亡「美談として死ぬ」
敵対:茜 「非難されても生きて」
協力:クロ

◆婚前監禁 「小百合を好きになろう」
敵対:小百合「私を憎んで」
協力:おじさん

◆本名偽装  「結婚相手を見つけたい」
敵対:ガーベラ「結婚相手よりあの者を見つけねば」
協力:明

◆愛情試験「結婚して生きてくれ」
敵対:桜 「結婚しないよ」
協力:様々な人達

主人公の変化・成長


独身監獄:自分が生き延びたい→桔梗も一緒がいい
欠点:好戦的、考えが変わりやすい

単独結婚:自分がよければそれでいい→誰かのために行動する
欠点:自分の事しか考えない、冷徹

脅迫恋愛:誰でもいいから一緒にいたい。浮気OK→特定の相手(椿)じゃなきゃ嫌だ
欠点:浮気性、飽きやすい

年齢制限:自分が犠牲になればそれでいい→自分を大事にしつつ相手との可能性にかける
欠点:独りよがり、自己犠牲的

儀式失敗:すぐに安全に逃げる→危険でもどんと構える
欠点:弱気

恋人死亡:もう死んでしまいたい→茜と生きていこう
欠点:悲観的

婚前監禁:この国の歯車として生きよう→この国を壊してやる
欠点:あきらめが早い

本名偽装:誰でもいいからとりあえず結婚したい→いつかこの人を選んで良かったと言いたい
欠点:見栄っ張り

各家庭の教育方針

◆桔梗
家族仲:最悪。喧嘩すらせず、基本お互いに無関心。共通の趣味は独身監獄を楽しんで見ることという悪趣味な両親。
両親の結婚:互いに家柄、年収などの条件で選んだ
母「子供を生んだという事実だけあれば、あとはどうでもいい」
父「家名に泥をぬらないように結婚しなさい」

◆沙羅
家族仲:普通。忙しくてあまり構ってもらえない。
両親の結婚:多少家柄などを見つつも、惹かれ合って結婚した。
母「結婚できないだろうから、18年好きに生きなさい。不自由はさせません」
父「洋一にあまり迷惑はかけないように」

◆雛菊
家族仲:少し悪い。父親はからかってくる。母親は弟にばかり関心を寄せている。気遣いにかけ、悪意なく傷付けるタイプの両親。
両親の結婚:高校でいろんな相手と遊んでいる時に知り合って、勢いで結婚。
母「まぁどうにでもなるでしょ?」
父「弱虫だと結婚できないぞ?」

◆椿
家族仲:良好。しかし両親は死別で兄だけ。
両親の結婚:中学で知り合い、愛し合って結婚。父が母のクールさに惹かれて告白した。
長男「椿ならしっかりしているから大丈夫だな」
次男「好きに結婚相手を探しなさい」
三男「何かあったら頼ってこいよ」

◆茜
家族仲:良好。両親は彩芽の事を引きずっているが、健一郎を心配している。
両親の結婚:お互いあまりモテなくて、結婚式間際でなんとか相手を見つけた。しかし共通の趣味が多くて意外とうまくいった。
母「結婚できるように、なるべく人にやさしくするのよ」
父「そうそう。そうしないと父さんたちみたいに苦労するからな」

◆すみれ
家族仲:良好。家族はみんな、直樹と結婚すると信じている。
両親の結婚:高校で知り合い、のほほんと無難に幸せに結婚
母「直樹くんに迷惑かけちゃだめよ」
父「今度彼を家に連れてきなさい」

◆小百合
家族仲:悪い。父は死亡。母は教育熱心だったが、途中から小百合に見切りをつけた。
両親の結婚:中学生時代。母が、成績等が優秀だった父を見定める形で結婚した。
母「結婚できない男となんて遊ぶだけ無駄。年齢をきいてから遊びなさい」

◆ガーベラ
家族仲:良好。引っ込み思案な娘を心配している。狐面をつけて性格が変わった娘に驚きつつも、すぐに受け入れた。娘に合わせて自分たちは何の面を付けようかと考えている。
両親の結婚:高校時代。変わり者の父親が、自由気ままな母親を気に入って、軽いノリで結婚。
母「自由に生きていいのよ。結婚なんて意外となんとかなるわ」
父「好かれるには個性が必要だ。特別な喋り方をした方が、きっと好きな人が出てくれるはずだ」

◆昴
家族仲:普通。
両親の結婚:高校で出会って結婚。寡黙な父に惹かれて、母親が告白。
母「まぁ、ほうっておいても結婚するでしょ」
父「……お前なら、大丈夫だと思っている」

◆雅文
家族仲:普通。両親はまだ結婚制度に慣れておらず、戸惑った。
両親の結婚:お互いに、多少焦りながら結婚。
母「結婚した方がいいわ。危ないわ」
父「結婚しなさい。とにかくしなさい」

◆信治
家族仲:悪い。強引で自分本位な父親を反面教師にしている。
両親の結婚:母は父に、半ば無理矢理結婚させられた。
母「……頑張りなさい。貴方はいい人を見つけるのよ」
父「相手なんて適当に見つけて結婚すりゃいいんだ」

◆聖也
家族仲:普通。あまり構ってもらえなくて寂しいが、両親にたいしてそこまでの不満はない。愛されているのは実感している。
両親の結婚:死なないために、という割り切った結婚。
母「あ、私ちょっと仕事忙しいから。頑張ってね」
父「好きにしなさい。沙羅と違って、聖也は自由なのだから」

◆健一郎
家族仲:ほどほどに良い。口は悪いが、彩芽の一件で健一郎を心配している。とにかく生きていてほしいと思っている。
両親の結婚:高校で知り合って無難に結婚。ひねくれ者の母親と、ひねくれものの父親の似た者同士。
母「アンタ、ちゃんとしなさいよ」
父「お前に結婚相手を見つけられるのか?」

◆直樹
家族仲:良好。しかし過保護すぎるため難あり。
両親の結婚:中学の時に知り合う。お互いベタ惚れ大恋愛の末に結婚。
母「直樹がすみれちゃんを好きになるように、結婚への不安を煽りましょう」
父「うん、わかったよ!」

◆明斗
家族仲:良好。ただし明斗に過剰な信頼を抱いている。
両親の結婚:しっかりものの母と、堅実な父。お互いに高校時代の生徒会役員で、自然に仲良くなり結婚。
母「明斗ならしっかりしているから大丈夫ね」
父「明斗なら大丈夫だな」

◆明
家族仲:良好。ただし明斗と比べる事が多々ある。
母「明斗はいいけど、明は大丈夫かしら。どうしても無理ならお金あげるから、ちゃんと結婚相談所行きなさい」
父「ああ。見栄を張ってはいけないぞ」

年表(年度換算)※独身監獄を0とする

◆-14

 単独結婚 半年前から
雅文(18)と沙羅(18)が結婚
昴(4) 桔梗(4)
聖也(2)信治(2)
直樹、茜、健一郎、小百合、椿が生まれる
◆-13
すみれ、明斗、明、ガーベラ、彩芽が生まれる
◆-12
5月16日桜、雛菊が生まれる
◆-11
◆-10
信治(6)と昴(8)がサッカークラブで仲良くなる
沙羅(22)と桔梗(8)が出会う かんざしをもらう
桔梗の一言で、独身監獄に茶室ができる
桜(2)と桔梗(8)が出会う。聖也(6)とも会う。 
◆-9
※単独結婚アフター
桔梗(9なりたて)が独身監獄の真実を知る
椿(5)の両親が死亡
◆-8 
聖也とのかくれんぼ中、沙羅が倒れる
沙羅(24)が死亡
雅文(24)、桜(4)は家をうつる
聖也(8)が楽天的に&女グセが悪くなっていく
桔梗(10)も雅文、桜、聖也との交流が消える
雛菊(4)が信治(8)と出会う
直樹(6)とすみれ(5)が出会う
◆-7
昴(11)が結婚制度を知り、信治(9)と会話
◆-6
桔梗(12)と聖也(10)がたまにパーティで会う
小百合(8小学3年)と明斗(7小学2年)が出会う
明斗(7)と信治(10)がサッカー
◆-5
桔梗(13)が茶の葉学園中等部に入学
学園が共学になり、茶室もつくられる
小百合(9)明斗の年齢を知って絶望する
◆-3
桔梗(15)の両親が死ぬ
桔梗が桜(9)に話しかけて再び仲良くなる

◆-2
聖也(14)と昴(16)が仲良くなる
◆-1
ガーベラ(12)自分の殻にひきこもる

◆0  独身監獄3/24~4/1
春 彩芽(13)と健一郎(14)が美術部で仲良くなる、付き合い始める
夏 雛菊(12)が信治(16)に告白してフられる
雛菊と茜(14)が仲良くなる
椿と茜が仲良くなる

冬 椿(14)聖也にフられた友達Aをなぐさめ、復讐を決意する。

3/23 桔梗(18)は小百合(14)・明(13)と出会い、それぞれにアドバイスをしていく
昴と信治が結婚について語る
3/24 昴、桔梗が監獄へ
桔梗が監獄に行ったため、桜(12)が結婚しないと言い出す
雅文が看守として監獄へ
4/1
昴、桔梗が死亡
雅文は洋一にかんざしを渡す
雛菊と信治が付き合い始める

◆1年度
春 椿(15)、聖也に恋をする

◆2年度 2/24~3/24脅迫恋愛 3/23~3/24年齢制限
椿と茜はAクラス
直樹がBクラス(C,D,Eまでクラスあり)

3/24
椿(18)、聖也(18)結婚する
雛菊(14)信治と別れる
信治(18)茜(16)結婚する
⇒洋一は、雛菊の映像を広める&信治に連絡先を渡す
・結婚式途中
彩芽(15)死亡
健一郎(16)結婚せず死のうと思う
3/25~
雛菊と茜が交流を経つ

◆3
4月頃
クラス替えにより、椿(17)と直樹(17)がAクラスに。
茜(17)がBクラスに。
雛菊(15)、すみれ(16)が仲良くなる
桜、椿、信治は茜を慰める
5月頃 中学3年桜(15)が家出。その後、戻ってくる。
⇒髪型を昔の沙羅と同じにする
6月頃
雛菊、桜が仲良くなる

12月頃 茜と信治が雅文のところに相談にくる
信治(19)が行方不明になる

◆4 4/1~3/31婚前監禁 恋人死亡 儀式失敗
4月 高校2年ガーベラ(17)喫茶店に通い始める
   桜 高校1年生に 
12月頃 信治が死亡扱いになる
3月某日 明斗監禁される

3/24
高校2年すみれ(17)直樹(18)結婚
茜(18)健一郎(18)結婚

4/1
高校三年小百合(18)死亡
雅文、洋一の事を知る

◆5 本名偽装
高校三年明斗(18)適当な誰かと結婚して生き延びる
ガーベラ(18)明(18)結婚
ガーベラ、明、茜、雅文、桜が知り合う⇒健一郎とも知り合う

Follow me!

日曜定期更新(05/05/2019) 結婚主義国家 年表など” に対して1件のコメントがあります。

  1. SSX より:

    とてもいい作品です!
    去年PS4のさささぐをプレイ後、DMMで買いた、さっきまでプレイした(なんかおそいね…

    とにかくありがとうございます

    あ、日本人ではない、もし俺は間違った語句を使う、許してください

    1. water phoenix より:

      SSXさん

      こんにちは。
      さささぐの後、結婚主義国家まで買ってくれたんですね。
      どちらもプレイしてくれて、気に入ってもらえて、とても嬉しいです。
      ありがとうございます!これからも頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です