日曜定期更新(07/17/2016)「将来的にゲームのサントラを出したい、という話」

logo_niti

日曜日に書く事があっても無くても「とりあえず定期更新」するコーナー。
企画担当のどうでもいい事だったり、時として新作タイトルの事についてだったり、更新して、生存報告する事が第一目的です。

ケイ茶です。
今日はゲームのサントラ(サウンドトラック)についての考えを書いてみます。

最初に言ってしまうと、現時点ではサントラは出す予定はありません。
そういう意味では、中途半端な記事、内容になってしまうのは承知の上で書かせて頂きます。

その理由として、嬉しい事に「一緒に行きましょう逝きましょう生きましょう」のサントラを望む声が幾つかあるという事です。
私としても前々から将来的にはサントラを出したい!という考えです。

ただし、現時点でサントラを出す予定が無い理由は次の2点です。

(1)曲数が少ない
⇒サントラとしてCDで出すと考えたら最低でも20曲以上は欲しい。
(販売価格やパッケージ化する以上、10曲ちょっとでは少ないと思いますので)

(2)サントラで利益が出せるのか不明
⇒実際にどれくらい売れるのか、採算が取れるのか?という問題。
これに関しては(1)とあわせてDL専用で配信という方法も検討するべきかもしれませんが。

 

とはいえ(2)に関してはDL専用にするか、CDにするにしても最初から少数販売を想定して生産する、という考え方なら出来るかもしれません。
(事前予約にしてみるとか?)

と言う事で、現時点で出せない理由としては(1)の曲数の問題の方が大きいです。

なので、今は出すことは考えていませんが、将来的に何曲か(20曲以上)オリジナル楽曲が集まった時に「よし、サントラを出そう!」と考えていこうと思っています。

お約束は出来ませんが、今後の開発予定の「タイトルB」あたりでオリジナル楽曲をお願いして、そこまで収録して・・・というパターンが現実的かと思っています。

最初に書いたように、あくまで「出す」ではなく「出したい」という内容で申し訳ないです。
ウォーターフェニックスとしてはサントラを出したい!
でも、今はまだ出せないけど、出したいとは思っているんです。

これだけでも、お伝えしようと思ったので書いてみました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です