日曜定期更新(08/09/2020) 「創作の協力体制について」

ケイ茶です!
創作は常に孤独との戦いや、地味な事との戦いです。
タイミングによっては辛い時や、やりたい事を見失う時もあったりします。

で、最近、そうなる時は協力体制がとれていないのでは?と気が付きました。

たとえばシナリオのチェック。
以前はRのシナリオができ上がった
⇒たとえ1000文字だろうと、すぐに私がチェックして「これいいねー」「これ、こうしたら?」
とやっている事が多かったんです。

しかし最近は、
Rのシナリオができ上がる
⇒そのまま進めて区切り事に、まとめて私がチェックする。
だったんです。
これだと一度に流れとしてチェックできるものの、お互いの会話の頻度が減ってしまうんですよね。
なので、Rが一人で淡々と作業している時間が多くなり、詰まった時の悩みを抱えがちに。
私もいつ話しかけていいのかわからず、相談にのりにくい。
という流れになってしまっていました。

このままではよくない!と。
最近は、Rがシナリオを書く⇒ちょっとした文字数でも私がチェックして、その場で話し合う&楽しむ。
という感じに戻しました。

うん、やっぱりこの方がいいですね。
創作は1人でやっていると、視野が狭くなったり悩んだり自信を失ったり……となりがちなので、なるべくコミュニケーションをとるように気を付けたいものです。


という事で、常日頃の協力体制って大事だなーと実感した出来事でした。
今後も、このやり方で頑張っていこうと思います!

では、また来週ー!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です