キャラクター毎に「重要度ランク」をつけよう

キャラクター毎に「重要度ランク」をつけよう

貴方の作品にはキャラクターが何人登場しますか?
その内、物語の本筋に直接関わっているキャラクターと本筋には関わってこないキャラクターなど、把握は出来ているでしょうか?

この把握が出来ていないと、本筋に関わっているはずなのに目立たないキャラクターや、本筋には関わっていないのに無駄に目立つモブキャラクターが出てきてしまう可能性もあります。
今回提案するのは、キャラクター毎に「重要度ランク」をつけよう!という事です。

このキャラは重要キャラなのか、そうでもないサブやモブキャラなのか。
それを把握しているだけでも、物語においての立ち位置の把握、キャラクターを動かす時の参考になるはずです。

目次

  1. 「メイン」⇒主人公、メインヒロイン等
  2. 「サブ」⇒ストーリーに直接関わるサブヒロイン、サブキャラ
  3. 「サブサブ」⇒メインヒロインやサブヒロインに関係がある人(友達とか)
  4. 「モブ」⇒名もなきキャラ

「メイン」⇒主人公、メインヒロイン等

重要度ランクのトップである「メイン」=メインキャラクター

ここには主人公はもちろん、メインヒロインや主人公と同じくらい物語に関わってくるキャラクターが入ります。
メインキャラクターが何人が良いか悪いかは物語の規模、貴方が扱えるキャラ数等によって変わってきます。

私の間隔としては物語の根本に関わるメインキャラは主人公+2~3人くらいかな、と思っています。
恋愛ゲームでは主人公+メインヒロイン2,3人というイメージです。

他のジャンルにおいても、主人公+一緒に冒険に行く主要なキャラであったり、事件に巻き込まれた主要キャラでしょうか。
「メイン」はあくまで、貴方が描きたい物語の根本に関わってくる数人に絞った方が良いと思います。

「サブ」⇒ストーリーに直接関わるサブヒロイン、サブキャラ

「メイン」の次に「サブ」キャラクターになります。
「サブ」とは言っても、これは私達の感覚ではありますが「ストーリーに直接関わる」キャラクターだと思っています。

例えば、冒険モノだと仮定します。
主人公+数人のメインキャラがいるとして、メインキャラ達に誘われる形で、途中で加入する形で入るようなキャラクターもサブだという考え方です。
主人公達とは近い位置にいるので、メインキャラに近いと言えば近い存在。

ただし、物語を大きく動かすのがメインの役割として、サブはメインキャラをサポートする役割になります。
もしくは、主人公の問題に直接は関わらないけれど、近くにいる存在くらいの立ち位置。

恋愛ゲームにおいては、メインヒロインが2~3人いるとして、サブヒロインは物語や主人公の問題と直接の関係はないけれど、仲良くなれる存在。
くらいではないでしょうか?

主人公にとって昔から関係があった幼馴染みや、実は過去に出会っていたヒロインがメインだとします。
その場合、学校に入学してから出会ったヒロインや、同じクラスの委員長キャラ。
この辺りがサブかな?という感じです(あくまで、私の分類では……ですが)

「サブサブ」⇒メインヒロインやサブヒロインに関係がある人(友達とか)

サブの下として「サブサブ」
こんな分類を他の方がしているかはわかりませんが、サブより下、でもモブ以上。

この位置は「友達の友達」であったり「友達の家族」等のようなサブキャラと関係があるくらいのキャラになります。
そして名前があって、時々登場するような感じでしょうか。

あまり物語や主人公には関わってくる事はありませんが、ある時だけ大活躍したり、スポットが当たる事もあったり、なかったり。

もしくは、ノベルゲームやアニメ、漫画などでも良いのですが「~編」のような、特別な話や特別な場所だけで登場するキャラ等がこれに当たります。
通常放送中のアニメでは出ないけれど「劇場版」だけ出てくる特別キャラとか。
その話で見ればメインかもしれませんが、物語全体としてみれば「サブサブ」に分類されるかと思います。

「モブ」⇒名もなきキャラ

最後に最下層にいるのが「モブ」

これは「名もなきキャラ」です。
戦争モノで名前もなく出てきては死んでいくキャラだったり、クラスメイトAとかBとか。

殺されるために出てきたり、その他大勢のエキストラとして出てくるのがモブになります。
物語によってはモブが大量に出てくる事もありますし、モブを全く出さない事もあるでしょう。

ノベルゲームにおいては先ほど書いたような「生徒A・B」やら「クラスメイト」やら「突然主人公(ヒロイン?)を襲う不良」等でしょうか。
モブは使い捨て感覚で出すことが出来る為、とても使い勝手が良いです。

ただし、下手にモブを多用するのも考えもの。
モブであるからこそ行動理由や設定を考えていないがために、その物語の良さや雰囲気をぶち壊す事もあります。

モブの扱いは人によって違うと思いますが、個人的には無駄なモブ、ただの便利役としてのモブは出しすぎないのが無難だと思います。
特に、下手に物語の根本が動く原因としてモブを利用するのはやめた方がよいです。

例えば、主人公とヒロインが恋愛関係になるキッカケが名もなきモブだった!これは、あまり良い展開とは言えないでしょう。
そのような場面では「サブキャラ」もしくは「サブサブキャラ」が活躍した方が良いです。

例外としてモブだと思っていたら、実はサブキャラだった!
という使い方はアリだ、と個人的には思っていますが。

何にしてもモブの扱いは難しいので、無駄なモブは出さない。
モブは下手に物語の根本には関わらせない。
と思った方が良いかもしれません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です