シナリオ編<オマケ8>「ボツシナリオ(5)魔王&勇者モノ<4>」 第112回ウォーターフェニックス的「ノベルゲーム」のつくりかた

第112回 シナリオ編<オマケ8>「ボツシナリオ(5)魔王&勇者モノ<4>」
執筆者:企画担当 ケイ茶


bro5

他の会社さんや、個人のクリエイターがどうやってノベルゲームを作っているのかはわかりません。
ここに書かれているのは、あくまで私達「ウォーターフェニックス」的ノベルゲームのつくりかたです。


ケイ茶です。
前回の続きです。

「魔王&勇者モノ<4>」


 

;▲★ヒロイン視点
@ヒロイン
「よし、Lvアップ。一区切りついたからセーブ、っと」

遊んでいたゲームを脇に置いて、パソコンの画面を見る。

@ヒロイン
「うーん。ないなぁ……」

もう一度街に行くと言ってから、自称魔王のコメントは途絶えた。

それが、1時間ほど前の事。

あれだけしつこかっただけに、こんな風に消えてしまうのは拍子抜けだ。つまらない。

それとも、画面の前で寝てしまったんだろうか。

@ヒロイン
「……もっと、からかいたかったんだけどなぁ」

溜め息を吐きながら、ボクは床に寝転がる。

その時、画面上に新着コメントの文字が点滅した。

@ヒロイン
「あ、きた。おかえり魔王様」

@魔王主人公
『多少時間はかかったが、我は情報を手にいれた』

@魔王主人公
『伝説の武器は、宵闇の洞窟と呼ばれる場所の最深部に眠っているらしい』

@ヒロイン
「……なるほど。街に出向いていた雰囲気を出すために、わざと空白の30分をつくったのか」

やっぱり、この自称魔王は雰囲気作りを頑張っているらしい。

ただ、30分で必要な情報を集めてきた、というところは相変わらず詰めが甘い。

せめて1日。どうせなら、1週間ぐらい空けた方が、それらしくなったはずなのに。

まぁ、そんなところがまた面白いのだけど。

@勇者ヒロイン
『洞窟の最深部か……。簡単そうだな。取りに行ってこいよ』

最強武器を手に入れるには、ちょっとしたミ ニゲームをクリアしなければならないものや、他のアイテムを集めてから、というものなどがある。

それに比べると、ダンジョンの奥に眠っているだけなら簡単な方に入るだろう。

Lvの低い冒険者ならともかく、この相手は魔王という設定なんだから。

@魔王主人公
『我は、洞窟に行った。だが……』

@勇者ヒロイン
『だが?』

@魔王主人公
『魔物が武器を守っていた』

@勇者ヒロイン
『それがどうしたんだよ。お前、魔王だろ。魔物を従えてるんじゃないのか?』

@魔王主人公
『魔物すべてが我に従っているわけではない。反抗的な態度をとるものもいる』

@ヒロイン
「へぇ……。まぁ、そういう設定もアリかな」

たしかに、すべての魔物が 従っているよりも、魔王でも手に負えない魔物がいるという方がワクワクする。

これに関しては、なかなかいい設定だ。ボク好み。

@勇者ヒロイン
『その魔物、お前より強いのか?』

@魔王主人公
『否。我より強い魔物など存在せぬ』

@勇者ヒロイン
『……なーんだ。それなら、そんな魔物は殺せばいいだろ。サクッと』

@魔王主人公
『貴様、なんとおぞましい事を言うのだ!』

@魔王主人公
『我が魔物を殺すなど、ありえぬ!』

@勇者ヒロイン
『え? 邪魔な魔物を退治するのって、基本だろ』

@魔王主人公
『血も涙もない勇者め! ……貴様のような冷酷な存在と、魔王を一緒にするな』

@ヒロイン
「えぇー……。こっちが悪者にされ ちゃったよ」

だって、魔物だろ? 従わないんだろ? それでいて、欲しい武器の周囲をうろついているんだろ?

だったら、そんな魔物は殺すべきだ。邪魔なんだから。

それなのに……。

@魔王主人公
『我は、魔物は殺さぬ』

@勇者ヒロイン
『あー、わかった。じゃあ、手加減して瀕死ぐらいでとどめたらどうだ』

@魔王主人公
『傷つける事もせぬ』

@魔王主人公
『あのような可愛い魔物を殺すぐらいならば、伝説の武器などいらぬ』

@ヒロイン
「なにこの、博愛精神に満ちた魔王……」

思わず、ため息が漏れる。

たしかに、敵モンスターの中には可愛い外見をしているものもいる。

でも、ボクはそんな事で躊躇しない。可愛いなぁとつ ぶやきながら、倒す。

そういうものじゃないか。

@勇者ヒロイン
『伝説の武器を手に入れれば、強くなるんだぞ』

@魔王主人公
『それがどうした』

@魔王主人公
『力を得るからといって、犠牲を許容する理由にはならぬ』

@勇者ヒロイン
『……でも、そこらへんの勇者に伝説の武器を手に入れられたら、困るだろ?』

@魔王主人公
『勇者など、武器の事を知る間も与えず殺してみせるわ』

@勇者ヒロイン
『……武器を手に入れる事は、お前がボクの世界に来るための第一歩なんだぞ!』

@魔王主人公
『道を踏み外した一歩などいらぬ』

@魔王主人公
『魔物を殺さねばならぬというのなら、この話は終わりだ』

@ヒロイン
「ああぁ。 だめだめ、そんなの!」

なんで、この事に関しては頑固なんだろう。

そんなに、魔物大好き魔王という設定が気に入っているのか。どんな趣味だ。

@ヒロイン
「まだからかい足りないんだから、逃がさない!」

@勇者ヒロイン
『わかった。じゃあ別の方法をとろう、魔王主人公』

@勇者ヒロイン
『魔物を殺さず、傷つけず……そう。状態異常を引き起こす魔法を使えばいい』

@魔王主人公
『それはなんだ?』

@勇者ヒロイン
『眠らせるとか、混乱させるとか、石化させるとか。そんな魔法だ。よくあるだろ?』

@魔王主人公
『ふむ。……かつて、そんな魔法を習得している魔王もいたな』

@勇者ヒロイン
『その口ぶりだと……お前は、その魔法 を使えないのか?』

@魔王主人公
『使えぬ』

@魔王主人公
『我が修得せしは、転移魔法をのぞけばすべて攻撃に通ずるもののみだ』

@ヒロイン
「はいはい。強くてすごいだろって言いたいんだな。いるいる、そういう人」

補助系の魔法を軽視して、とりあえず強いダメージを与えられるものだけ覚えておけばいいや、と考えているんだろう。

たしかに、強力な魔法で敵を粉砕するのは気持ちが良いけれど、それだけじゃ芸がない。

強力な魔法の効果を上げるために、その他の魔法だって大事だ。

@勇者ヒロイン
『状態異常を引き起こす魔法は、絶対に覚えた方がいい。そうすれば戦略が広がる』

@魔王主人公
『そのような魔法は、どうやって修得するのだ ?』

@ヒロイン
「うーん。そうだなぁ……」

レベルアップをすれば自然に覚えていくゲームもあるけれど、この様子だとそれではないらしい。

さすがに、状態異常系統の魔法は覚えられない、なんて設定にもしていないはずだ。魔王なんだから。

という事は、多分……その他の魔法は買うものなんだろう。

@勇者ヒロイン
『魔法屋だ。いや、名前がそうとは限らないが、とにかく魔法を覚える場所があるはずだ』

@魔王主人公
『魔法を覚える場所……。それは、人間の街か?』

@勇者ヒロイン
『たぶん、そうだな』

@魔王主人公
『わかった。探してみる事としよう』

@ヒロイン
「はーい。行ってらっしゃい」

;▲★主人公視点

@人間
「いらっしゃい!」

我は、魔法屋と書かれた家屋の中に入った、

相変わらず勇者を名乗らなければならない事は腹立たしいが、それが便利な事は事実だ。

様々な街を歩き回った事もあり、こうして歩く事にも慣れてきたといえるだろう。

@人間
「アンタが噂の勇者様だね。久しぶりに店に客がきて嬉しいよ」

@主人公
「そうか」

我はうなずき、視線をめぐらせる。

見たところ、魔力の封じ込められた本が置いてあるようだ。

あれに、魔法の使い方が記されているという事だろう。

@主人公
「ここには魔物を眠らせる魔法があると聞いたのだが、どれだ?」

@人間
「ああ、ドルミール(寝る)の事だね。それならこれだよ」

@主人公
「ふむ。これが例のものか……」

人間が指差したのは、ひとつの書物だ。

我は早速それを掴み、城に戻ーー

@人間
「ちょっと待った」

ーー戻ろうとしたのだが、できない。なんだこれは。

なぜ、我の手が人間に鷲掴みにされているのだ。勇者の罠か。

@主人公
「……貴様、何のつもりだ」

@人間
「それはこっちのセリフだよ。アンタ、金も払わずどこ行くつもりだい」

@主人公
「金……?」

@人間
「そうだよ。ドルミールの書の代金は5000ゼネー。しっかり払いな」

@主人公
「5000ゼネー、払う……」

そういえば、かつて他の魔王から聞いた事がある。

たしか、人間は物を得る時に何かと交換するのだ。

それが、お金とかいうもの、らしい。

つまり、今の我はそれを要求されているという事か。

@主人公
「貴様、我が何者かわかっておらぬのか?」

@主人公
「我は、まお……否、勇者だぞ」

@人間
「あぁわかってるよ。でもそれがどうしたんだい」

@主人公
「勇者に物を要求するというのか」

@人間
「勇者だろうとなんだろうと、金は払ってもらう。払えないなら、それを渡すわけにはいかない」

@主人公
「なんという事だ……」

勇者ならば、何をしても許されるのではなかったのか。

@主人公
「貴様は、勇者に協力する気はないのか?」

@人間
「してるよ、協力。だから魔法を売ってるんじゃないか」

@主人公
「ならば……」

@人間
「タダで寄越せ、ってのはきけないねぇ。協力ってのは、互いに力を貸すもんだろう? 援助じゃあない」

@人間
「私は魔法を渡す。だから、アンタはお金を渡す。何か変なこと言ってるかい?」

@主人公
「否。……道理だ」

魔王会議でも、これと似たような事はあった。

情報がほしければ、こちらも有益な情報を渡す。そんな取り引きが成立していたからこそ、我らは魔王同士として対等で接する事ができた。

この場合も、情報が物品にかわっただけだ。人間の言う事は理解できる。

@人間
「さぁ、どうなんだい?」

@人間
「金をもっているのか、いないのか。ハッキリしてくれないと困るよ」

@主人公
「……持っておらぬ」

@人間
「そうかい。じゃあ、これは渡せないね。金ためて出直してきな」

@主人公
「……ああ」

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です