今週の不採用「四十六億年少女(ボツ企画)」

logo_kayou

毎週、何らかの理由で不採用になったイラストやシナリオ、企画等を掲載していくコーナー。
そのままにしておくのは、かわいそうという事でここに掲載して許してもらいます……。


今回の不採用
「四十六億年少女」という企画がありました。
これは「一緒に行きましょう逝きましょう生きましょう」の前の企画でしたが「いきましょう」に決まった事で不採用。

ただし「いきましょう」の前企画だけあって、ある程度の共通点、引き継がれた部分も多いです。

■「四十六億年少女」企画概要

<はじまり方>
壮大なOP曲からスタート
地球四十六億年の歴史を思わせるような
背景は地球の歴史イラスト
一人きりで数百年過ごしてきた主人公とヒロインが世界のある廃墟で出会う
何をするわけでもなく座り込んで空をながめている寂しそうなヒロイン

 

滅んでしまった世界を取り戻し、生物をよみがえらせるための物語。
自ら滅んだ生物(人間)を取り戻す意味なんてあるのか?
世界再生の意義、ヒロインの孤独と消滅。

・過去の生物が生きていた世界を再現ーそこから世界再生のための情報を集める。(部品?)
人間世界、恐竜世界、何もなかった初期の世界。
地球の歴史をなぞりながらの世界修復物語。

・どの世界でもヒロインを探し、再び出会うところからスタート
二人の孤独を描く。

・ビッグバン少女
最後の世界の少女はビッグバン 生命の始まりまでさかのぼる。
最後に主人公とヒロインは完全に一つになり新たなビッグバンとして新しい生命誕生のキッカケとなりエンディング?

・生まれてから誰にも干渉されなかった主人公(ヒロイン以外には認知されない)
ヒロインの恋がしたい(寂しい)という思いから生まれた。

・主人公は生まれてからずっと一人で寂しかった

・主人公が唯一話ができるのがヒロイン。
ただし、ヒロインと仲良くなり合体する事によりヒロインは消滅していく。

全てのヒロインをまとめると一人に? 最後は主人公も吸収される?
何かが起こる


と、このようなテキストが残っていました。
赤字にした部分は「いきましょう」に引き継がれたり、そのまま使用した部分です。

企画全体のイメージとしては「廃虚モノ(滅んだ地球)」+「地球ドキュメンタリー番組」という感じ。

おまけ「変人・変態彼女プロジェクト」

なぜか、上記の企画と一緒に入っていたもの。
(多分、同時期に考えていたもの)

⇒確かこれは、勢いで企画担当が書いたものの、シナリオ担当に話した瞬間にボツをくらった記憶が……。

<キャッチコピー>
・今年はヘンカノの年
・ヘンカノ元年
・突き抜けた変人は清々しい

 

企画の概要としては、ヒロイン全員を「変態」か「変人」にした恋愛モノでも作ってみたいなぁ~。
という感じだったと思われます。
でも、そんなに面白そうじゃない。とか何とかで、消滅。

その後に「四十六億年少女」⇒不採用⇒「一緒に行きましょう逝きましょう生きましょう」(採用)
という流れだったと記憶しています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です